誰もが運動を通してより長く健康に暮らせる世の中へ

151兆円。
この金額が何を意味しているかご存知でしょうか?
2025年における日本の社会保障給付費(年金、医療、福祉、介護に係る費用)の総額です。
超高齢化社会を迎える日本において、我が国が抱える社会的な課題は深刻です。

日本人の平均寿命は、男性が80歳、女性が87歳です。
一方、最近は「健康寿命」という言葉も使われるようになり、男性が71歳、女性が74歳です。

この年齢の差は何を意味しているのでしょうか?
男性でいうと平均して9年間は杖をついたり、車椅子に乗ったり、
あるいは寝たきりという生活をおくっているということなのです。
女性では平均して13年間です。これが日本の現状です。
THE PERSONは、「未病領域」「予防領域」をスポーツを通して
課題解決を一助を担えるよう、この事業を展開しております。

vision.png
action_01.png
misson_01.png

 About “the person”

“パーソナルトレーニング”が常識となる、
トレーナーとユーザーが繋がる新たな仕組みを創造します。

いま、自らの身体を鍛え、整えることは、一部のアスリートやモデルだけではなく、広く一般的な価値観となりつつあります。
その中で、自分の信頼するトレーナーと身体を鍛え整える“パーソナルトレーニング”は最も良い方法の一つです。

しかし私たち生活者にとって、高い費用を支払い身体をメンテナンスすること、忙しい毎日に自らの身体のための時間を確保すること、
信頼できるトレーナーとの出会いを創出すること、は難しいのが現状です。

また、トレーナーにとっても、多くは民間のジム施設、公共機関で個別トレーニングを実施していますが、
高いマージンや共用施設ゆえの自由度の少なさは課題で、私設ジムを設立できるほどの人は少なく、
トレーナー個人の価値を最大化するための環境は整っていません。

スポーツをテーマとした地域主導の街づくりを行う私たちは、これらの課題を解決する、生活者とトレーナーが自由に出会い、
「身体を整える」(=メンテナンス)ことが当たり前となる未来を想像しています。
身体に対する意識が集う文化をつくることで、運動を通した交流が生まれていくきっかけを千駄ヶ谷に創出します。

 WHAT IS THE PERSON

theperson_01.png
theperson_03.png